中年女性

太り過ぎの危険

ボディ

内臓脂肪と皮下脂肪

太っているのか、ぽっちゃりなのか、女性にとってはその境目が深刻です。同じ体重の人なのに、何故か一人は太って見えて、一人は普通に見えるときがあります。しかし、内臓脂肪の付き方によっては、普通に見える方の人が肥満している場合があるのです。肥満は、摂取カロリーが消費カロリーを上回っていることや、代謝が悪くなっていることなどが原因でおこります。その他にも、むくみによる肥満や、遺伝的な体質などもありますが、肥満と呼ばれる体系の人は、食べ過ぎと運動不足が主な原因になっています。最近、治療のための入院施設や、肥満外来、薬剤治療なども多種あります。海外の減量手術などが日本に導入されることになれば、日本人の肥満は急激に減っていくでしょう。この先は、リバウンドしない治療が求められるのかも知れません。

太り過ぎのリスク

過食や運動不足が蓄積すると、体重があっという間に増えてしまいます。それを運動で消費しようとしても、一度増えた体重は、かなりの運動量でもなかなか減っていかず、結果長続きしないのです。しかし、肥満をなんの治療もせずそのまま放っておくと、生活習慣病や、様々な病気を併発するというリスクがあります。高血圧、高脂血症、高コレステロール、糖尿病などをはじめとして、心臓への負担も大きくなります。もちろん、太っていても健康に全く影響のない人もいますが、それはまれな体質です。栄養治療、運動治療、内科的な治療と、医師の指示の元、しっかりとした対策で肥満と向き合いましょう。太り過ぎのリスクとして、睡眠時無呼吸症も最近よく耳にします。これらを、改善してゆくためにも肥満は根本から治療しましょう。