中年女性

太り過ぎの危険

ボディ

人は、「短い期間で太ったのに痩せる期間は長い」と思いがちです。しかし、肥満するまでの期間は「あまり動かず食べて飲んでの楽な日々」だったので、短く感じられているのです。肥満治療は一朝一夕では成されません。今こそ、自分の身体を見直して、肥満治療が必要か否かを考えてみましょう。

詳細を確認する...

ニキビ跡の治し方とは

楽しい

一人で治すには限界がある

にきびの痕が残ると化粧のノリも悪くなり、また顔の印象も変わってきます。ひどい症状になると人に見られるのも嫌になり、外出するのさえ億劫になる人もいるほどです。月のクレーターのようなってしまったニキビ跡の治療は一人で行うには限界があります。完全に治してしまいたいのなら皮膚科や美容外科に相談するのが早道です。女性の悩みの種のニキビ跡ですがこれは三種類に分類されます。アイスピックタイプは穴が2ミリ以下の先が細くなったクレーターです。これは長さが深く真皮にまで及んでいます。ボックスカータイプは半円で底が平たくなったクレーターです。穴は4ミリ以上もあり目立ちやすいものです。ローリングタイプはボックスカータイプのような半円で底は楕円形に広がっており、やはり4ミリ以上の穴です。いずれも医師の治療を必要とするものです。

クリニックに相談しよう

クレーターを完治させるには医師による治療が確実ですが、その治療方法も様々です。ケミカルピーリング、レーザー照射、光治療などです。それぞれ確かな効果で人気があります。完治がむつかしいひどい症状の場合は、皮膚移植手術を行う場合もあります。医師と相談して自分にあった治療法を見つけましょう。跡が残ってしまったニキビ跡はファンデーションやコンシーラーなどで隠すことはできます。しかし、そのニキビ跡に化粧が残ってしまってそれが肌トラブルの原因ともなることがあるのです。また、個人で治療するのに間違った方法でかえって悪化させてしまう場合もあります。一人で悩んでいないで医師に相談するのがニキビ跡のクレーターを治療する最善の早道だと言えるでしょう。

日本人は特に出来やすい

悩み

シミの中でも顔に出来る薄茶色のシミは肝斑である可能性があります。美白化粧品での改善も難しいので、皮膚科で治療を行うのが効果的です。肝斑は普通のシミと違って左右対称に出来るという特徴があり、女性ホルモンのバランスが崩れることによって出来るとされています。

詳細を確認する...

整形技術の進歩と今後

顔

保湿や紫外線対策を行うことにより、しわの発生は遅らせることが可能ですが、整形技術の進歩と低価格化により、整形による治療を希望する方が増加しています。特に人気を集めているのが、メスを使用しない治療方法で、整形技術は現在も進歩を続けているため、今後もこの傾向は続くと考えられます。

詳細を確認する...